自己犠牲はうざい?そういうアピールが鬱陶しいし嫌われるという声も

スポンサーリンク
ねこくん
自己犠牲がうざい!同じように思った人はいる?

自己犠牲がうざい…!そう感じたことはありませんか?

今回は、自己犠牲がうざい!と感じる人がどのくらいの割合でいるのか、アンケート調査をしてみました。

こちらもおすすめ!

スポンサーリンク
目次

自己犠牲はうざい?アンケートをとってみた!

自己犠牲に、うざいと感じるかどうか、10人にアンケートをとってみました。

クラウドワークスでアンケート調査をしたところ、次のような結果になりました。

うざいと感じる4人
うざいと感じない6人

アンケート調査に加えて、X(旧Twitter)の意見も調べてみました。

スクロールできます

次の項目では、自己犠牲にうざいと感じた人と感じない人、それぞれの意見を紹介します。

自己犠牲に、うざいと感じる人の意見

うざいと思う意見や理由

自己犠牲に、うざいと感じる人のコメントを紹介します。

自己犠牲的な人が、自分の犠牲を強調したり、相手への恩着せがましい態度を取ると、相手は「罪悪感を感じさせられている」と感じてしまうことがあります。(50代男性)

人のために自分を犠牲にするのはすごいと思うが、自分を大切にしてほしいと思ってしまうから。私自身も過去は自己犠牲的な考えが強くて辛い思いをしたので、同じような思いをして欲しくないから。(20代女性)

人の為に行動するのはいいことだけど、それで自分を大切にしないのは結果周りに迷惑をかけてしまうこともある。(40代女性)

「うざい」と感じる人の意見をもっとみる

優しいなとは、すごく感じられる部分は、あるのですが、疲れて人に当たるなどは間違えていると、感じます。(30代女性)

まとめると、

  • 優しいなとは感じられる部分はあるが、疲れて人に当たるなどは間違えていると感じる
  • 人のために自分を犠牲にするのはすごいと思うが、自分を大切にしてほしいと思う
  • 自己犠牲を強調したりすると、相手は「罪悪感を感じさせられている」と感じる

などの意見があることがわかりました。

スポンサーリンク

自己犠牲に、うざいと感じない人の意見

うざくないと思う意見や理由

逆に、自己犠牲に、うざいと感じない人のコメントを紹介します。

自分を犠牲にしてまでも誰かを助けたり守ったりするのはなかなかできることではなく、それができる人材は尊いと思います。(50代男性)

自己犠牲的な人に対して心配したりする感情はあれど、モヤっとしたりうっとうしく思うことはないと思いました。(20代女性)

自己犠牲的な人だとその人だけの問題であり、私に迷惑をかけられることはほとんどないので気になりません。(50代男性)

「うざい」と感じない人の意見をもっとみる

スポーツでも仕事でも誰かのために自分の身を犠牲にしてまで行動しようとする人は尊敬に値すると思っています。(30代男性)

そうするべきが人間のあるべき理想だと思います。全員が目標にするべきところだと思います。なのでうっとうしいとかとんでもないと思います。(30代男性)

あまりうっとうしさを感じると言うよりも、自己犠牲が強すぎて心が疲弊してしまうのでは無いのかと心配になってくる時があります。(40代男性)

まとめると、

  • 自己犠牲が強すぎて心が疲弊してしまうのでは無いのかと心配になってくる時がある
  • 自分の身を犠牲にしてまで行動しようとする人は尊敬に値すると思っている
  • 迷惑をかけられることはほとんどないので気にならない

などの意見があることがわかりました。

⇧目次へ戻る

逆の立場(当事者)では、どんな状況や心理なのか?

相手の立場になってみると

自己犠牲がうざい!と、つい一方的な見方になってしまいますが、逆の立場(当事者)では、どんな事情や心理状態なのでしょうか。

集まった回答を紹介します。

幼少期の経験から、他人からの承認や愛情を得るためには、自己犠牲が必要だと考えている可能性がありますし、自己肯定感が低く、自分自身を大切にすることができていないのでしょう。(50代男性)

自分に自信がなさすぎる。相手に尽くすことで人に好かれて自己肯定感を保とうとしているが、自分を大切にできていないので余計に自信がなくなっていく。(20代女性)

自己犠牲の精神を美徳としている。自分のことがおざなりになってしまう性格。誰かが喜ぶことが生きがいなのかなとも思う。(40代女性)

回答をもっとみる

やはり、よく思われたい、自分をすごくというような気持ちが強く働きそのような行動を取ると感じています。(30代女性)

大半は自身が困っていた時に誰かに助けられた経験があり、もしも困っている人に遭遇したらその時は自分が助けたいと思っていることがあります。(50代男性)

相手が自分のことを嫌いになって離れてしまうのが怖ったり、過去にそういうことがあって自己犠牲的になってしまうのだと思います。(20代女性)

自己評価が凄く低いんだと思います。ですのでこの中だと自分が一番ダメだから犠牲になるのがいいと考えてしまうんだと思います。(50代男性)

周りの人のために自分の考えのままに行動するのが好きなのか、放っておけない性格の持ち主なのかもしれません。(30代男性)

自分よりも相手のことを大事にしたいからそうするんだと思います。人間だれしもそうあるべきだと私は思います。(30代男性)

自分自身の事よりも周囲の幸せを考えているのかなと思っています。自己犠牲をする事で、周囲との関係性やバランスを考えている心理的な一面もあると思います。(40代男性)

逆の立場になって考えると、

  • 自己肯定感が低く、自分自身を大切にすることができていない
  • 自分自身の事よりも周囲の幸せを考えている
  • 自己犠牲の精神を美徳としている

などの状況から、そのような行動をしてしまうのかもしれません。

⇧目次へ戻る

自己犠牲がうざい!を解決するには?

うざいのを解決するには?

自己犠牲がうざい!というモヤモヤした気持ちを解決するためには、どうしたらいいのでしょうか。

改善策を考えてくださった方の回答を紹介します。

共依存関係に陥っている場合は、依存関係を断ち切り、自立を目指したり、相手との距離感を適切に保ち、必要以上に相手に尽くさないようにしたらいいと思います。(50代男性)

自己犠牲的で相手に尽くす時と自分を甘やかす時の切り替えがしっかりできていると安心すると思う。マイナス思考な感じが出ていなければモヤっとしないと思う。(20代女性)

まずは自分を大切にして、自分のキャパを見極め、自滅しない範囲で人助けをするように心がけたらいいと思う。(40代女性)

回答をもっとみる

あまり、いい人すぎないのも、良いのかなと、感じられる部分も、普通が一番かなと、少し思ってしまいます。(30代女性)

その助けが相手に対して、押し付けになりすぎないことが大切です。本当に困っている時に自己犠牲をもって助けてもらえたなら、多くの人は感謝するはずです。(50代男性)

たまには自分の考えを頑張って言ったりすることを心がけると、相手はあまりモヤっとすることはないと思いました。(20代女性)

自分は自己犠牲的な行動をすることが多いと周囲の人に伝えておけばいいと思います。そうしたら、いつものことかって流してもらえると思うので。(50代男性)

自己犠牲の態度を周りに押し付けることなく、無理のない範囲内で行動をすると他の人をイライラさせることはないと思います。(30代男性)

全くモヤっともイラっともしません。私はそうですが他の人がそう思っているのであれば少し自分のことも考えればそれでいいと思います。(30代男性)

ほどほどの自己犠牲をする事に尽きると思っています。そして時には相手に任せるバランス感覚も大切で、不快感を相手に与えない様に出来ると思います。自己犠牲の押し引きが大切だと感じています。(40代男性)

こんなふうにすると、相手からイライラされることも減るかもしれません。

  • たまには自分の考えを頑張って言ったりすることを心がける
  • マイナス思考な感じが出ていなければモヤっとしないと思う
  • 自己犠牲の態度を周りに押し付けることなく、無理のない範囲内で行動をする

面と向かって言うのはむずかしいと思いますが、機会があれば、それとなく相手側に伝えてみるのもいいかもしれません。

⇧目次へ戻る

まとめ

まとめ

今回は、自己犠牲にうざいと感じるか、感じないかをアンケート調査し、その理由や意見を紹介しました。

このサイト「うざいずむ」では、さまざまな事柄に対する感じ方をアンケート調査し、集まった意見を紹介しています。

自分と同じ意見の人がいないか、また反対意見の人はどんな感想を持っているのか、ぜひほかの記事でもチェックしてみてください。

きこ書房
¥1,919 (2024/06/12 23:09時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
著:下園壮太
¥1,540 (2024/06/12 23:10時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

別の話題もチェックしてみよう!

うざいずむ

このサイト「うざいずむ」では、日常で起こる事柄にうざいかうざくないか、アンケート調査をしています。

「あ〜、これってあるある!」と、共感できるような話題をチェックすることができます。

ぜひ、ほかのアンケート結果もチェックしてみてくださいね!

目次